血糖値をなるべく上げない朝食のポイント※トクホのコーヒーもおすすめ♪

血糖値を上げない朝食のポイントはあるの?

 

血糖値をなるべく上げない朝食のポイントを調べてみると、3つのポイントがあることが分かりました。そこでこれから、血糖値をなるべく上げない朝食の3つのポイントをご紹介していきますね。

 

血糖値をなるべく上げない朝食の3つのポイント

血糖値が気になりだしたら、なるべく血糖値の上昇を抑えたいものです。なので、血糖値をなるべく上げない3つのポイントを抑えて、効果的な血糖値対策を始めましょうね。

 

血糖値をなるべく上げない朝食のポイント

  • 糖分を少なくする
  • 食べる順番に気を付ける
  • 油ものを一緒に食べる

 

血糖値をなるべく上げない朝食のポイント① 糖分を少なくする

血糖値をなるべく上げない朝食のポイントは、糖分の少ない朝食にすることです。血糖値が上がる要因は糖分をとることですので、血糖値を上げないためには、糖分の少ない朝食がいいのですね。

 

では、糖分が少ない朝食とはどんな朝食かというと、タンパク質や野菜が多めの朝食になります。和の朝食なら具の多い味噌汁を作ったり、洋食の朝食なら、タマゴやサラダが多めの朝食がいいと思いますよ。

 

ただ、血糖値が上げないために朝食で、糖分(ご飯・パン)の量を少なるくするのは、なんかさみしいですよね。やっぱり糖質が少ない朝食は超ショックですもん。なので、血糖値が気になる方のために、楽天市場にある糖質オフのご飯とパンのリンクを貼っておきますね。糖分が少ない朝食の参考にされてください。

糖質オフのご飯|楽天市場

糖質オフのパン|楽天市場

 

インスタントコーヒーで血糖値対策がおすすめ

血糖値をなるべく上げない朝食のポイント② 食べる順番に気を付ける

血糖値をなるべく上げない朝食のポイントでは、食べる順番に気を付けるのも大事とありました。朝食でご飯やパンなど糖分を先に食べると血糖値が上がりやすくなるそうです。なので、血糖値を上げないためには、先に野菜などの食物繊維を食べるのがいいとのことでした。

 

そして、野菜などの食物繊維のあとに肉魚などのタンパク質を食べて最後にご飯やパンなどの糖分を食べるのが、理想的な血糖値を上げにくい朝食の食べ方なんだそうですよ。

 

ただ、朝食の限らずご飯を食べる順番はあまり気にしたくないですよね。ご飯を食べる順番を気にして食べてたら、ご飯が美味しくないですし、また楽しくもないと思います。でも、糖分を最後に食べるのは血糖値が上がりにくくするためなのでしょうがないのかなとも思いました。

 

ちなみに、最近は食物繊維の力で糖分の吸収をおだやかにするトクホのお茶やコーヒーもありますので、食後の血糖値対策をお手軽に始めたいときは、トクホのお茶やコーヒーの力を借りるのもありだと思いますよ。

 

食後の血糖値が気になるときは、お茶なら特選綾鷹茶、コーヒーならフィットライフコーヒーなんかのトクホがおすすめです。ただ、糖の吸収を穏やかにするトクホでは、飲むタイミングが大事なんです。なので、飲むタイミングが知りたい方はトクホ※糖の吸収を抑えるタイミングの記事を参考にしてくださいね。

 

血糖値をなるべく上げない朝食のポイント③ 油ものを一緒に食べる

血糖値をなるべく上げない朝食のポイントでは、糖質と油ものと一緒に食べるのもいいとありました。例えば、パンにバターを塗って食べることや、炒め物のおかずを食べるといったことです。

 

炒め物のおかずを作るのはちょっと手間がかかりますが、本気で朝食の血糖値対策を考えるのなら、一度は試してみてもいい朝食での血糖値対策ではないかと思いました。糖質と脂と血糖値の関係を知りたい方は、日経スタイルの記事が参考になると思いますよ。

 

血糖値をなるべく上げないおやつとは

まとめ

血糖値をなるべく上げない朝食も3つのポイントをご紹介してきました。朝食時のちょっとした工夫で血糖値対策ができることが分かりましたね。

 

血糖値対策では継続的な取り組みが必要になりますので、血糖値をなるべく上げない朝食の3つのポイントを昼食や夕食にも取り入れて、より効果的な血糖値対策をしていきましょうね。

 

最後に、血糖値対策の食べ方の参考になるサイトをご紹介しておきますので、血糖値が気になるときは、ぜひ参考にしてみてはと思います。

食後の血糖値を上げないコツ